日本では東京がやはり中心です



大阪や名古屋、福岡や札幌などの人気都市も力をつけて来ていますが、やはり日本での最先端は東京での暮らしなのです。 欧米に対しての憧れが強いためなかなかその事を実感することはありませんが、ということは世界でもかなり上位になります。 どう考えてもやはりアジアでは事実上の文化も含めた上でのナンバーワンと言えるのではないでしょうか。 中国や韓国なども力を着けては来ていますが、何か流行を生む文化を生み出すことができていたり世界に通用しているものが特に何かあるわけではありません。 東日本大震災や今後起こることが予想される地震で首都を移すという話なども噂されていますが、大阪や名古屋で今の世界的な見解での東京という立ち位置まで登っていくことは難しいのではないでしょうか。 物価が高い事や治安が悪く危険性を伴う事、自然の少なさなどデメリットとなる部分もあります。 しかし交通の利便性やお店の多さなどは他の都市とは簡単には比較できないでしょう。 意味のあるポイントとしてはもちろん随時、新しいものが多く入ってくる分、スピードのある流行り廃りは非常に早くすぐに世間一般にはどうしても期間限定であっという間に消費者に飽きられてしまう事も多いです。
増毛法


車がなくても東京では不自由のない暮らしができます



東京で愛用車を持っている人と言えば相当稼ぎがいい方か、もともと地元で生まれも育ちも地元という人です。 それ以外で23区内に暮らしていて自家用車を維持することは非常に難しいのです。 ですが駅の感覚も短く終電を逃したとしてもタクシーで帰れる距離のため特別必要とすることもないのです。 地方だと部屋が借りられてしまうくらいの驚異の駐車場料金やガソリン代、必要な保険などを合わせたら毎月の支払額は相当大きくなってしまいます。 そういう事ならば使う時だけレンタカーを借りたほうがコストを少なからず安く抑えることができます。 世の中は不景気ですしいつ何があるかわからない状態で、特に目立つのは20代から30代ではどうしてもマイホームやマイカーが欲しいという意識はいつの間にか徐々に薄れています。 実際には購入したとしても維持をする自信がないという方が結局理由としてはほとんどなのではないでしょうか。 もちろん、深夜まで本数は減っても路線が放射線のように網羅している関東や東京での暮らしに車の必要性を現状では一切感じていない方も景気の影響からか年々増加しかなりの割合でいます。

賃貸物件の相場
子育てや教育環境
観光スポット
自家用車