駐車場代やガソリン代などの維持費が難しい



23区内の駐車場代は地方だとマンションなどを借りるよりも高く、実際に五万円以上もする所はざらにあります。 ここで安いところをネットで探そうとしても最低でも1万円以上掛かってしまい、そして雨をしのぐ丈夫な鉄の屋根がないのが当たり前です。 ですから、これをキープしようと思うとある程度の月額の収入がないと難しいということに結果なります。 また高い料金を支払ってまで、それをキープする事はある程度の財力が必要になりますから、どうしても一戸建てのマイホームと共に庶民の憧れの存在では当然あるのです。 しかし、これが、なかなかサラリーマンの安い給料では、どうしても厳しいのが現状です。 ですから、これから消費税のアップや経済の状態が厳しくなっていくとどうでしょうか。 これは正直なかなか愛車を保持するということはステータスだけでは厳しいのではないでしょうか。 これはメンテナンスやガソリン代なども含めてプラスマイナスを考えてしまうと、どうしても普通の一般家庭では手放さざるをえなくなってしまいます。 比較的、不便な地方では一家に一台だけでなく一人一人が持つのが、今や常識的になっています。 これは東京では今後はタイムズなどのカーシェアリングもあります。 ここではそういったサービスとしての魅力から考えてもかなり多くなっていきそうです。
車金融の口コミ


都内で車を持つことのメリットと使う頻度



毎日、東京の都内での移動で車を使うという方は渋滞で余分な時間を取られてしまう事もあります。 駐車場の料金なども含めてあまりいないのではないでしょうか。 会社まで首都高で通勤をするにしてもそれだけ多くの場所を、どうにか常時確保できているところはあまりありません。 これは一般的に普通のサラリーマンでは難しいと言えます。 お休みの土日だけを家族全員で遠出するのに費用が時間制のレンタカーで安く済ます人も多いのではないでしょうか。 なぜなら、朝早くから12時過ぎまで都会では私鉄の電車は動いています。 高級な個人のタクシーも6車線の大通りなら数分ですぐにつかまります。 緊急事態や本当に車が必要な時だけであればいいのです。 また若い平成生まれの世代には無理をして贅沢をする事に対しての若干冷ややかな周囲の視線もあります。 バブルを終えた後の経済が完全に冷え切った状態に誕生した世代の子どもは、消費者の景気がいいという状態を知りません。 また東日本大震災などの自然災害もあり、高価なものを所持する事よりも安定して一日一日をしっかりと生きていくことの方が重要性が比較的高いと言えます。

TOP
賃貸物件の相場
観光スポット
子育てや教育環境