23区内の一人暮らし賃貸用のワンルーム



東京23区内で女性が一人暮らし用のワンルームのマンションを借りようと思ったら相場は7万円から10万円ぐらいに平均でなるのではないでしょうか。 最低限の安全なオートロックなどを考えるとこれぐらいを平均的な相場として考えなくてはいけません。 もちろん駅のそばや吉祥寺や自由が丘など人気の場所やJRか地下鉄かでも大きく値段は変わってきます。 人気の快速が止まる駅で築年月が新しいマンションなどを、このように駅の近くで探そうと思えば、ここでは結局は10万円以上がワンルームでも普通で当たり前になってきます。 これを下回るところですと何か問題があることが多いのです。 そして駅から徒歩10分と掛かれていても実際には20分以上掛かる場所だったりしますので、そして、どうしても壁が薄く隣の声が筒抜けだったりします。 中には驚くほどの好条件の物件が探せばあるかもしれません。 しかし心霊現象が起こったり曰くつきの部屋だったというパターンがありますので、結果これは予め確認し細かくここで注意しましょう。 このポイントは結果的には少しでも何かあれば報告をしなければいけないような義務が大家さんにはありますのでチェックをし確認を予めしましょう。


東京でルームシェアをすること



最近では家賃が高く一人で支払うのは厳しいという理由だけでなく、まず、普段の日常のコミュニケーションの場としてや寂しさを紛らわすためにルームシェアをする若者が東京では増加しているようです。 東京では治安が悪い場所もありまた物騒な世の中ですから、これは他人でも誰かと一緒にいたほうが安心という考えの方もいるようです。 実際には一人暮らしできるくらいの家賃を支払ってルームシェアをしている方もいます。 ここでは何人かで家族用の賃貸物件を借ります。 東京23区内でも20万以上を出すと非常にいい条件の賃貸物件を探せることが多いのです。 友達通しでルームシェアをするという名目ですと審査が難しいようです。 しかし、駐車場も人数で割れば一人あたりの額は大したことはなくなりますし、ライフスタイルの光熱費なども同様に節約できるのです。 ただ他人と暮らしを共にするという事はやはり問題も出没し多くありますので、実際これはなかなか話題のテレビドラマのようには簡単には上手くはいきません。

TOP
子育てや教育環境
観光スポット
自家用車