外国人観光客が多い浅草



東京に訪れる外国人の観光客の中で常に人気の上位にいるのが浅草寺、雷門です。 理由はやはり京都や奈良などの関西方面ではなく関東で日本っぽさを味わえることができる唯一のスポットだからなのではないでしょうか。 仲見世通りでは所謂、ヨーロッパやアジアの外国人が喜びそうなお土産が所狭しと並んでいます。 それを見るだけでも実は面白く、また値段が安い事からお土産にはもってこいなのでしょう。 秋葉原やスカイツリーなどの人気スポットも近いためです。 一日かけて下町を周るのは修学旅行生などのコースとしても、ここは頻繁に利用されています。 今後も23区内では日本らしさを味わえる、数少ないレアな観光地として根強いファンを持つ土地とこれからなっていくでしょう。 そしてアメリカやヨーロッパなどの方はこのような昭和のレトロなどを好むのに対してです。 中国人やアジア人は秋葉原の電気街や新宿や原宿、渋谷などに都会的な魅力をかなり強く感じるようです。 日本では東京に対して何らかの憧れをずっと持っているかです。 または深い不思議な文化として面白さを感じているかで、かなり時代の背景を深く日本との関係性が少しわかります。


観光する場所があまり見当たらない



外国人の友人が東京に来ることに仮になった時に、あなたはどこにこれから連れてってあげますか。 正直、どこを案内してお勧めしていいかわからない方が多いのではないでしょうか。 そして東京ディズニーランドは日本だけにあるわけではありませんし、それは独自の文化でできたものではありません。 六本木や渋谷、表参道、新宿などはどうなのでしょうか。 単純に高級デパートをショッピングといっても中に入っているのは外国のブランドばかりです。 これは日本より経済的にも文化的にも遅れている国の場合はそういう場所での観光満足してくれるのでしょう。 しかし、そうでない場合はどこが適しているのでしょうか。 関西に行けば京都や奈良という日本の古い文化がそのまま綺麗に残されている土地がかなり多くあります。 しかし、これは23区内にすると実際はどうでしょうか。 そうなってくると海外から訪れてくる外国人に自信を持って紹介できるスポットは非常に少なく限られています。 外から見て魅力的な文化を残している場所は正直な所どこなのでしょうか。 アンケートを見ると雑誌などの作られた観光に対する憶測のデータではなく、これが本当の地元の人の声を実際に生の声を聞いてみたいです。

TOP
賃貸物件の相場
子育てや教育環境
自家用車