自然が圧倒的に少なく触れ合うのは難しい



東京で子供が自然に触れることができる教育場所を探すという事は簡単なようで難しく、選択は限られてきます。 当たり前のように毎日自然に囲まれた生活を送るという事はまず不可能です。 そのような公共の施設などを探していくのが一番確実な方法となります。 車の数も多いので排気ガスの量も多く、夏には効果ガススモッグも毎日のように警報が何度も鳴っています。 また交通事故の面でも車やバイクだけでなく公共のバスが通るにも狭い道が多くなります。 通学路でさえ危険と隣り合わせです。 そういう面でも地方と比較すると、やはり環境的には子育てにはあまり安全と言う意味では適していないのかもしれません。 しかし養護学校や障碍者の学校などでは最先端の教育などを導入していたりしていますので、このような種類の施設が充実しているなどの全国でもかなりトップクラスのカリキュラムを現段階で準備している所もあります。 また公立や私立の学校数も多く子供の人数も多い事から転校などの選択肢も難しくないというような比較してもメリットもかなり多くあります。 そして実は、かなりこれは面白いことに東京だけでなく埼玉、千葉、神奈川でもです。 結局はこのように同様の事が現段階では過去のデータからもこれははっきりと言えます。


治安が悪く教育には向いていない



地方ですと風俗街や繁華街などの所謂夜の街は各都道府県に一か所ぐらいです。 その近くには学校などはほぼありません。 ですので、その一部さえ避ければある程度距離を置くことはできるのです。 それが東京の場合は各駅にそのような場所があるためそれは難しいと言えるでしょう。 またご近所の付き合いが薄い事も犯罪に巻き込まれたりします。 それを未然に防ぐことができないのです。 要素の一つとなってしまっていますので、同じマンションの同じ階に誰が住んでいるかどころか、これが隣にどんな人が住んでいるかも知らないことが多くなります。 こうした事件が起きても気づかない場合があります。 町内会などの催しも乏しく関係性も浅い事は人数が多いため仕方がないことなのです。 そうなると、やはり少しでもリスクを増やさないためにはご近所さんとの付き合いも必要になってくるのではないでしょうか。 過去には何か悪い事を子供がした時に他人の子でも容赦なく叱ってくれる恐怖のカミナリ親父のような存在が今だからこそ教育には必要なのではないでしょうか。

TOP
賃貸物件の相場
観光スポット
自家用車